疲労を取り除くために青汁を飲み始めた

数年前に仕事がかなり忙しい時期がありました。自宅に帰ってから就寝する時間しかなかったので、その時期はとにかく他のことは何も考えられなかったのです。

その期間がやっと終わり落ち着きを取り戻した頃にも、私の体の疲れはずっと取れないような状況が続いていました。これを会社の同僚に話をしてみたのですが、会社の同僚は食事や睡眠やサプリメントなどを摂取することによって、どうにか回復することが可能だと言っていました。

サプリメントに関しては抵抗があったので、その他の方法を探したら青汁にたどり着いたのです。青汁は大麦若葉を中心としてほうれん草やキダチアロエ、明日葉などの有効な野菜類が大量にブレンドされています。

体が必要とされる栄養成分の大半を青汁だけで補給する事ができるので、疲れの元となっている部分を改善出来るのは間違いないと思ったのです。

青汁は、ネットで探したのですが幾つものメーカーから販売されているので判断に迷いましたが、販売元が知られているタイプを選択しました。その青汁には100種類近くの野菜類がブレンドされているというキャッチコピーがあったのも選択した理由でした。

青汁は水に溶かして飲む事が一般的ですが、私の場合は多少抵抗があったのでミルクティーにトッピングする事にしました。ミルクの風味が香りを和らげてくれるし、甘い風味が苦みを中和してくれるのです。

知り合いは牛乳に混ぜると言っていましたが、牛乳に関しては、私としては苦手なドリンクになるので、牛乳の風味がマイナスに働いてしまうのです。そのような感じで飲み続けているのですが、3週間ほど経過したときに少しばかり疲労感が軽減した感じがしたのです。

青汁を飲むと寝付きが良くなるように感じられるのです。十分なビタミン類とミネラル成分を体に補給して、睡眠時間が延びたことにより疲労物質を体外へ除去する事がスムーズにできているのではないかと思います。完全に体質改善したわけではありませんが、違いは感じられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です